甲子正宗 きのえねまさむね|飯沼本家

飯沼本家の酒造り

ヒストリー以上に、フューチャーを語り、創造していく

酒造りを通じて「上質な田舎」を目指す酒造りというと
「永い、古い、伝統」という言葉がついて回ります。
しかし、お酒を飲んで下さる方も、造り手も、今を生きています。
300年以上の歴史を持つ甲子正宗ですが、
先祖が造っていた酒を同じように造っていては、これだけの年月を刻むことはできません。
そこで、今蔵元として意識しているのは
『ヒストリー以上に、フューチャーを語り、創造して行きたい』です。

甲子正宗は、「時代の先」を行く酒、という自負があります。
品質で、味わいで、さらに次の一手を志向するという点で高い目標を掲げて酒造りをしています。
酒は独立して成り立つのではなく食との関係を常に意識する必要があります。
当然、世界の無形文化遺産になった和食とのマリアージュを考えた酒造りに努めています。
だから、甲子正宗は、食べながら飲むとおいしいのです。

そして今、若い人に清酒を飲んでもらいたい、知ってもらいたい。
時代を担う人たちに愛されなければ意味がないと考えています。
そのために甲子正宗では若い醸造家に現場を任せ、
「飲み盛り、造り盛り」が競い合える環境を整え、
明確に若い人に向けた酒を造れる態勢になりました。
着々とその成果は上がり、高い評価を受ける清酒を市場に送り出せるようになりました。

私が思い描いているのは酒造りを通じての「上質な田舎」の実現です。
「上質」には、常に最先端を走っているという意味が含まれています。
千葉・酒々井の地にあって、酒だけではなく、
酒の周辺の楽しみ、酒の肴まで開発・販売していきたい。
21世紀の蔵元は、酒も含めて「興味深いワクワクするもの」を
提案し続けることが大切だと意識しています。
洗練された、洒落た、現代的、というものを発信するのが上質、
それを実現することで甲子正宗のブランドと共に、
千葉、酒々井の名も広く知らしめたいと思い続けています。

飯沼本家 取締役社長 飯沼喜市郎

蔵人の紹介 蔵人の紹介

甲子正宗のフューチャーを醸す
若き醸造家たち

きのえね農園 きのえね農園

農は国の基
NEVER STOP CULTIVATING!

YOASOBI YOASOBI

酒袋であつらえた
「粋」に楽しむ夜遊びの小道具

ギャラリー ギャラリー

上質な田舎の上質なカルチャー