大切にしていること | 飯沼本家

私たちについて

大切にしていること

SAKE文化創造企業として

かつての日々の生活になくてはならないものであった日本酒は今、最大の岐路に直面しています。冠婚葬祭などの場面でも必需品ではなくなり、常に選ばれるものではなくなりました。しかし日本酒が文化の一翼を担っていたことは紛れもない事実です。私たちは酒が醸してきた「文化」を見つめなおすことで、「人」と「酒」が造りだす新しい価値を創造していきたいと思っています。

日本古来から受け継がれる、
飯沼本家300年の伝統を大切にしながらも
“今”日本酒を飲んでくださる方の笑顔に
応えられる“柔軟で変わり続ける勇気”をもって、
酒々井発“SAKE”文化を全国、
そして世界に向けて創造します。

ヒストリー以上に、フューチャーを語り、
創造していく

「上質な田舎」をめざす酒造りというと「永い、古い、伝統」という言葉がついて回ります。しかし、お酒を飲んでくださる方も、造り手も、今を生きています。300年以上の歴史を持つ甲子正宗ですが、先祖が造っていた酒を同じように造っていては、これだけの年月を刻むことはできません。そこで、今蔵元として意識しているのは『ヒストリー以上に、フューチャーを語り、創造していきたい』ということです。

甲子正宗は、「時代の先」を行く酒、という自負があります。品質で、味わいで、さらに次の一手を志向するという点で高い目標を掲げて酒造りをしています。酒は独立して成り立つのではなく食との関係を常に意識する必要があります。当然、世界の無形文化遺産になった和食とのマリアージュを考えた酒造りに努めています。だから、甲子正宗は、食べながら飲むとおいしいのです。

そして今、若い人に清酒を飲んでもらいたい、知ってもらいたい。時代を担う人たちに愛されなければ意味がないと考えています。そのために甲子正宗では若い醸造家に現場を任せ、「飲み盛り、造り盛り」が競い合える環境を整え、明確に若い人に向けた酒を造れる体制へと移行。以来、着々とその成果は上がり、高い評価を受ける清酒を市場に送り出せるようになりました。

甲子正宗のブランドとともに、千葉、酒々井の名も広く知らしめたいと思い続けています。

飯沼本家 取締役社長 飯沼喜市郎

Image Movie

開かれた観光蔵へ

古くは江戸からの創業も珍しくない酒蔵は、それぞれの地方に必ずと言っていいほど存在します。今や物流が発達し、どこの地方のものも手に入る時代ですが、酒蔵ほど地域の歴史を背負ってきた企業はないと自負しています。私たちは、酒蔵を通して酒々井地域を全国にアピールし、「観光」とは無縁であった地方の面白さを酒蔵から発信していきたいと考えています。

ENJP
PAGE
TOP